バツイチで子持ちの女性が再婚するのには?

 
家族3人

ウォーキング足Let's try!てくてく婚活ウォーキングin横浜
Let'try! 結婚相談所ブライダル咲 関根です。 最近、時の経つのが早いな~~と感じている人は多いのでは!・・・・それは私だけで...

Let’s try! 結婚相談所ブライダル咲 関根です。

女性でバツイチでお子さんがいますと、再婚に関しましては とても慎重です。
はじめての結婚だって慎重なのに 再婚はなおさら・・・
自分の幸せだけではなく子供の幸せも一緒に考え決断しなくてはいけないのです。

再婚を希望するなら子供が小さい時か、子供が一人立ちしたときがベストタイミング
小学校高学年あたりから 中学 高校ぐらいの年頃は 子供もデリケートな時期であり家族のあり方が問われます。
そんな中、ある意味、他人である人との再婚ともなると なおさら神経質になるのはあたり前です。

男の子・女の子によっても再婚に対する考え方は違うのでしょうが、基本は他人との結婚 子供との話し合いも必要です。

小さい子供がいる人の再婚
何かしら問題があり 離婚したとはいえ子供は子供です。
口先だけではなく親としては子供の将来を見て、育てていかなければなりません。

母親としての希望としては再婚とはいえ両親揃って支え合いながら育てたいと願うものです。

子供がいる人の再婚のタイミング

子供が小さいうちに

幼稚園前後、小学生低学年くらいでの再婚希望者は 結構いらっしゃいます。私も思うのですが、子供が日々大きく成長する前に 婚活 が最も理想と思います。そこを逃すと 子供が一人立ちした後の再婚。

小さい時期ですと、再婚しても頭が柔軟であるから、再婚相手とも普通に接することができます。
また再婚相手から見ても、小さいお子さんとなると、可愛いので情がわき本当の親のように接することができますし、若い女性であるのなら再婚後も 子供を授かることも可能です。

まだまだ、チャンスはあります。

子供が一人立ちした後

子供が成長しますと、親への考え方が変わってきます。また親の幸せまで考えてあげれる余裕がでてきます。
実際に、子供が自立した後に 結婚相談所の窓をたたく人が多いです。そして成婚されている人も多いのも事実です。

子供が成長した後、育ててくれた親を後押しして応援してくれるのが 息子・娘です。

子供のためにも 幸せにならなければいけませんね!

家族3人

どんな相手が良いか?

私が感じるには
”同じ境遇同士の相手”
”子供が好きだけど、子供に恵まれなかった相手”

同じバツイチ同士であれば二人共離婚を経験しています。
離婚を望んで結婚したのではないが、やむを得ず。
離婚を経験してない人には、この気持ちは分かりずらいと思います。

そんな2人であるならば、意気投合するのは当然です。
再婚に関しましても、子供に関しましても理解があります。

また、最近では初婚の人でもあっても、「子供がいてもOKですよ」って方も多くいらっしゃいます。
バツイチで子持ちだからって、下を向いて歩かなくても大丈夫ですよ。

まとめ

昔のバツイチのイメージはとても良いとは言えませんでした。
しかしながら現在では、3組に1組の割合で離婚が成立しています。

バツイチ特に子持ちの女性は、幸せな結婚生活だけでなく修羅場を経験し、子育てを身をもって経験しています。
しかしどんな状況にあっても再婚で自分にあった相手を見つけることは簡単ではありません。

でも、あきらめることはありません。
そんな人こそ結婚相談所。近道はやっぱり結婚相談所での活動だと思います。
いろんな条件の中の相手から自分に合った相手を自分の目で確かめ見つけることができます。

もちろん料金もかかりますので、思い切った行動もしずらいかもしれません。
そんな女性にも、やさしい料金設定をしてくれる結婚相談所もあります。

希望を捨てずに、再婚へ向けてチャレンジしてもOKでしょ! Let’ try!

ブライダル咲では、新企画として ”てくてく婚活ウォーキング” をやります。
いろんな年代が対象となりますが、その中で”バツイチ”の人を対象にした婚活ウォーキングも時期をみて開催していきたいと思っています。もちろん子供と一緒にウォーキングも歓迎です。

人生はこれから!!みんなして幸せになっちゃいましょう 😀 

神様婚活でも見えないモノを味方にするには言霊の力をかりる。
Let' try! 結婚相談所ブライダル咲 関根です。 「この◯◯きれいですね。」 「この夕陽最高。」 「なんてキレイな洋服。」 1...

ご質問・お問い合わせ

結婚に関してご相談がありましたら、下記よりお待ちしています。恥ずかしがらずに気軽にどうぞ。(秘密厳守)

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -